家族

フォローがしっかりしている外壁塗装業者を選ぶべき

海辺のそばで住むには

男性

快適に暮らすために

海辺のそばで住む場合には、内陸部にはないものとして塩害の存在があります。塩害とは海の潮が雨や風によって飛ばされてくるというものです。特に顕著に現れるのが金属類です。塩害が発生すると錆が発生して耐久力や寿命が著しく低下します。また電気製品なども絶縁の劣化が進み故障の原因になりますし、自動車も塩害によって錆が発生しやすくなります。もちろん住宅においても発生し、住宅の建物被害として金属屋根や屋根の一部に金属を使っているといった場合にはそれが錆びて、腐食し、穴が開いてしまいます。一般的に塩害地域とされるのは海岸から2km以内ですが、海岸から200mから500m以内は重塩害地域、直接波しぶきがあたる場所は岩礁隣接地域と呼ばれます。住宅の塩害対策としては、塩分を錆びさせてはいけないところに触れないようにする、塩分に晒されても問題がないように強化する、腐食に対して強化するといったことがあります。住宅での対策としては、電気設備などは屋外に設置せずに屋内に設置することが対策になりますが、換気が必要な場合には、換気を考慮する必要がありますが、このさいに外気に塩分が含まれている場合には塩害が出るので除塩フィルターを設置することになります。また塩分が付着しても被害が出ないように対策をするには耐塩碍子を使ったり、表面にシリコンコンパウンドを塗布するといった絶縁能力を強化する方法があります。また素材も錆に強いステンレス鋼を利用するといったものがあります。いずれにしても錆が発生してからでは遅いので塩害が予測される地域であれば予め対策を施すことが重要になってきます。